子どもの卒業後も見据えて

保育士

専門性や柔軟性を養う

幼稚園教諭免許を大学で取得することが人気になっています。かつては専門学校や短期大学での取得が主でしたが現在は前者のほうが主流になりつつあります。早期教育が広がってそれぞれの幼稚園で独自の教育方法を取り入れ始めています。様々な教育方法があるならそれに対応できるだけの先生も必要です。多くのことに柔軟に対応できる幼稚園教諭が求められます。そして障がいがある子どもや病気の子どもにも対応できる専門技術も必要とされるようになりました。幼稚園教諭免許が取得できる大学の場合キャンパス内に小学校や特別支援学校教諭の免許が取れる学部・学科が併設されていることも多いです。そのため専門学校等では教えきれない専門的・柔軟性が必要とされる知識を教えてもらう時間がとれます。いざ現場へ出てからぶっつけ本番で対応するのと下準備としての知識があるのでは保育の質に大きな差が出ます。そして先ほど述べた同キャンパス内での他学部併設ですが、多くの人は幼稚園教諭免許と合わせて保育士資格を取得します。ですが大学であることを利用して小学校教諭免許を取得する人もいます。幼稚園と小学校では性質が大きく異なります。両方に実習に行ってみて、最初は幼稚園教諭志望だったのに卒業したら小学校教諭になる人だっています。大学では実際に小学校や中学校・高等学校など上級学校の先生を目指す人に出会う確率も非常に高くなります。子どもが幼稚園を卒業した後のことも知る、と考えると大学での幼稚園教諭免許取得はメリットが多いのではないでしょうか。

Copyright© 2018 行政書士の解答速報とは【講師が解説付きで解答をWEB上に公表】 All Rights Reserved.