合格・不合格者共に使える

男性

即日確認できるツール

国家資格である行政書士は試験に合格する事でなる事ができます。試験は毎年1回のみで、300点中180点以上の得点をとる事で合格できます。6割の正答率で合格なのですが、合格率は10%未満の難関試験と言えます。行政書士は世間での認知度も高く、参考書も多くの出版社から出されています。良本も多く市販の教材で言わば独学で試験に臨む方も多い試験です。しかし上記の様に難関である事から、試験対策を十分に行わないと次年度も試験を受ける事になりますので講座受講をしている方も多いです。行政書士試験は憲法・民法・行政法・商法・基礎法学から構成され、それとは別に一般教養として政治経済などの試験もあります。範囲は広くそれぞれ得点比率も違うので、予備校の様に試験合格のプロに戦略を練ってもらう方が効率的と言えます。試験終了時には問題集を持って帰る事ができます。それに解答用紙に書いた内容を書いておく事で、解答速報で正否を照らし合わせる事ができます。この解答速報は予備校や通信講座各社の講師が解説付きで解答をWEB上に公表します。解答速報を確認する事で合否をいち早く確認するだけでなく、苦手分野やわからなかった部分を確認して今後に活かす事ができます。また解答速報は即日出されるので、合否をすぐ確認して次年度試験に備える助けにもなります。行政書士試験は難易度の高い試験であり、一回で合格する人の方が少ない試験です。解答速報の情報は試験の傾向と内容確認に適しており、合格者・不合格者共に活用価値の高いツールになります。
ビジネスに関わる資格は、行政書士の他にもたくさんあります。また、資格を取ることで給与や待遇が変わる場合もあるので、どんな資格が仕事に役立つか調べて挑戦してみましょう。忙しいビジネスマンなら、ちょっとした空き時間でも勉強できる通信講座を選ぶとよいでしょう。

勉強道具

サイトに必要な文章力

WEBライティング技能検定は、ウェブサイトのコンテンツに必須ともいえる『きちんと読める文章』の書き方を学ぶためにあります。読みにくい文章はそれだけで訪問者を減らす原因となりますので、しっかりと勉強して正しい日本語を書けるようになりましょう。

パソコン操作

WEBライター向けの資格

WEBライティング技能検定は、クラウドソーシングの普及にともなって登場した資格です。WEBライティング技能検定が提供しており、WEBライターのスキルを保証する目安になります。受験申込の準備は、WEBライティング技能検定講座のテキストを購入することから始めます。

生徒

試験終了後に持ち帰るもの

行政書士試験終了後、問題用紙を持って帰る事ができます。これに解答を書き込む事で、後に発表される解答速報で答え合わせが行えます。合否を知る以外に苦手分野や試験の傾向を知る事ができます。試験は難関であり、次年度受ける可能性も非常に高い試験です。その為の用意を即日出来るのが解答速報のメリットと言えます。

保育士

子供に囲まれて働こう

幼稚園教諭を目指す場合、保育士とのダブル資格を視野に入れ大学選びをしましょう。大学によっては付属の幼稚園があったり、またピアノの防音設備が整っていることもありますから細かい点まで調べて大学を選ぶようにして下さいね。

Copyright© 2018 行政書士の解答速報とは【講師が解説付きで解答をWEB上に公表】 All Rights Reserved.